1番の部屋

(りょ)が治癒証明をもらった次の日の火曜日(2月28日)に、今度は(ゆ)がA診断を下されました。
その週末まで会社を休んで養生して、翌週の月曜日である本日、復帰を果たしましたが、
入れ替わりに今度はぼくが、同じくA診断を下されました。まぁある意味予定通りです。

ぼくがお世話になっているいつもの病院は、とても古くて、味わいのある、いい感じの建物なので、
これまでも何度か待合室の写真撮ってここに載せたりしましたが、
今回はA疑惑がかけられていたためにいつもの待合室ではなく、別室にひとり通されました。
看護師さんの言うところの「1番の部屋」に、今回ぼくは初めて入りました。
いやぁ、ここもいい感じだなぁ、。一人でいることをいいことに何枚も写真を撮らせてもらいました。
この病院、川沿いにあるために、水害対策の河川工事に引っ掛かり、
現在、移転のための新築工事が着々と進行中なのです。
つまり、もうすぐ取り壊される、はず。ちょっと勿体無い。
そんな思いも多分にあって、バシャバシャといつもより余計にシャッターを切りました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です