七五三

晴れ着はレンタル。金曜日に届いて、本人も着るのに楽しみにしていたはずなのに、今朝になって、まず足袋を履かせようとしたら、気持ちが悪いから嫌だと言って駄々をこねる。着物は着てみたいけど足袋は嫌。だから裸足でいいとか言い出して。そんなわけにはいかんやろ。とにかく着物を着たら足袋を履くの!なんて、いくら言ったって、そりゃ納得せんわな。予約の11時にはもう間に合いそうもない。もういい。ヤメヤメ。父ちゃんが言ったら(りょ)は大泣き。じゃ履くか?と聞けば、それは嫌。もういいや。本当にもうヤメ。冗談じゃなく、半分本気でそう思った。七五三で足袋を履くのがどうしても嫌で結局お参りせんかった、なんて、そんなヤツが一人くらいおっても、まぁエエやん、ってね。

結局はこうしてお参り行ったんだけど、どうして履く気になったんだっけ? 父ちゃん母ちゃんが先に着替えて、じゃ2人でお参り行ってくるから、お留守番よろしく、とか言ったから? もう忘れたわ。とにかく大騒ぎの後、何とか支度を整えて、20分遅刻で神社に到着。前の組が終わるのを待って、11:45頃からお参り。同じ時間にもうひと組いてくれてホッとした。

今回、写真屋さんで記念撮影、なんてのはナシ。父ちゃんがカメラマン。専属の。だから待ち時間にバシャバシャ撮りまくった。まぁいつものことだけど。
撮ったのは全部で130枚くらい。その中から、厳選に厳選を重ねた結果が、下の10枚です。









帰宅して、でも折角だから誰かに見てもらいたいって思うじゃん? いつも(りょ)のこと可愛がってくれるお芋のおっちゃんに見せに行こか、と、何度も何度も、しつこくしつこく誘ったけど、(りょ)はガンとして首を縦に振らず。結局諦めた。玄関開けて家に入ったら、速攻で脱いでた。あ〜あ、残念。

その後、お土産にもらったクレヨンで早速ぬり絵して、

遅めのお昼ごはんは(りょ)のリクエストに応じてホルモン焼きうどん。今回はお多福。

帰ってきて、これまたお土産にもらったシャボン玉を楽しんだのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です