新しい待合室

いつもお世話になってる病院が、河川工事による立ち退きで年明けから新しくなったんです。
今日初めて行ってきたんですが、、そのあまりの変わり様に、何だか落ち着きませんでした。

以前の病院は、とても味わいのある建物でした。こんな感じ。
1番の部屋
待合室

それがこんな風になってました。

そして、突然館内放送で名前を呼ばれてビックリ。マイクなんか使わなくても、受付から普通に呼んでくれたら十分聞こえると思うのだけど、。
おまけに「中待合いに入ってお待ちください」だって。まるでどっかの市民病院みたい。

でも、その中待合いの白い壁にこの絵が掛けられてるのを見つけて、少しだけホッとして、、

さらに診察室に入っていつもの先生の顔を見つけて、心底安心しました。
先生の前には大きなパソコンの画面があって、何やら記入欄がいっぱい表示されてましたが、果たして使ってらっしゃるのでしょうか。目の前の先生はいつものようにカルテに手書きで記入をされてました。
「何だかすごいことになってますね」
とか言うと、先生苦笑いしながら、
「そうなんですよ、でも中身は一緒なんで、これからもよろしくお願いします」
なんて言われました。

ちなみに、向かいにある元の病院は間もなく取り壊されてしまうようです。ちょっと残念な気がします。

これまでずっと通ってきていて全く気づかなかったのだけど、建物の傍にこんなものがありました。

「中安村隔離病舎」とあります。きっと深い歴史があったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です