急転直下

カメラ買い替え計画で書いたPanasonic の マイクロフォーサーズ一眼カメラ LUMIX GH3 ですが、もう年内は無理だと諦めてたんです。いや、年内どころかもしかして来春?、夏?、それとも運動会の前くらい??、とか考えてたんですよ。ところが、一昨日の夕方にやってきた一通のメールで急転直下、急遽購入することと相成りました。
キッカケになったそのメールとは、
タイトル:【先着順】【LUMIX CLUB新商品モニター】デジタル一眼カメラ(GH3)モニター追加募集のお知らせ

実はちょうど1か月前、Panasonic のカメラ直販サイト LUMIX CLUB で GH3 のモニター販売に応募したのが抽選で外れてしまって、それで年内を諦めてたんですが、それが今頃になってその追加募集が来たわけです。しかも【先着順】という。たまたまメールを受け取ったときにMacの前に座ってたもんだからもう、頭の中が一瞬で超高速回転を始めましたよ。「今なら買える、どうする?、来春以降と一時は思ってたけど、今ならいける。ど、どうする?、でも、元々これで買うつもりだったし、下取査定2万円アップも使えるわけで、。こ、これは、、チャンスかも!」ドキドキしながら、サイトを開いてログインしつつ、同時進行で(ゆ)にメール、すぐに了解の返事が返ってきたので、その瞬間に応募ボタンをボチ。必要事項の記入、確認、そして確定ボタンをポチ。無事契約成立、、ドキドキ、ドキドキ、。

購入を決めた後もいろいろ考えてしまいました。だって金策のこと何も進めてなかったし、モニター販売で購入するのはボディだけでレンズがないし、その他、いざ使おうと思ったら必要な関連品もいろいろあって、そういうのも全部年内に入手しなきゃ、年末年始に折角のカメラが使えない。その日はずっと頭が興奮状態で、ちょっと疲れました。

そして昨日は、金策のための中古買取手続き、必要なもののリストアップと購入手続き、などをして、何とか年内に使えるメドが立ったところで、ようやく気持ちが少し落ち着きました。


写真のカメラレンズたちは、中古販売店に買い取ってもらう予定の品々です。本日買取査定のため東京方面に向け旅立っていきました。ぼくはこの中でも特に、OLYMPUS OM-3Tiとそのレンズ3本(100mmF2、50mmF2 Macro、24mmF2)にとても深い思い入れがあるのです。どうか高値で買い取ってもらえますように。そして、いずれ本当にこれらを欲している人のもとで大事に有効に使ってもらえますように。

知っている人は知っている、すごく良くできたシステムなんですよ、これ。オリンパスのOM-Dにも、このスタイルを真似るだけじゃなく、その設計思想をもきちんと受け継いでもらいたいものです。

“急転直下” への2件の返信

  1. ご購入おめでとうございます。
    ワクワク。ドキドキやん。
    モニター追加メールのくだりも運命を感じるね。
    おれもこの前、お店の女の子から「今日はクリスマスイベント!ミニスカサンタ見に来て!」ってメールがタイミング良く来たよ。
    もうワクワク。ドキドキだったよ(笑)
    さてと…お店で使ったお金の金策しなくちゃ(泣)

  2. ありがとう。ワクワクドキドキです、はい。
    でもふと、本当に年内に手に入るんだろうか?という疑問が湧いてきました。発売日に合わせたモニター販売なので当然来るものと考えていたけど、そう言えば誰も納期のことはちゃんと言ってくれてないような。これで来なかったら悲し過ぎる。そういう点でもドキドキしてきましたよ。
    それと、、ミニスカサンタには確かにちょっとソソラレル、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です