鳥取へ

特に用事はなかったのだけど、ドライブに行きたいと(りょ)が言うので、以前から一度行ってみたかったイオンモール鳥取北へ行って来た。
ぼくらの居住区からちょっとした買い物に出かけるとしたら、これまでは、中国自動車道を通ってイオンモール津山に行くか、姫路方面へ下道を走ってイオンモール姫路大津へ行くかだったけど、新たな選択肢として鳥取自動車道を通って鳥取へ、というのを試してみたかった。以下、その比較。(距離、時間、料金、全て片道分)
イオンモール津山:走行距離35.6km、所要時間30分、2車線の高速道路、ただし通行料金500円(土日祝日)。
イオンモール姫路大津:走行距離44.8km、所要時間1時間20分、下道。
イオンモール鳥取北:走行距離65.1km、所要時間1時間10分、1車線の自動車専用道路(一部未開通のため下道を通る)。

一番近いのは何と言っても津山。よくご近所さんとも出会う。ネックは高速料金がかかることと店舗規模が小さいこと。
高砂方面へ行くときにちょっと寄れるのが姫路大津。最近お気に入りのGLOBAL WORKがある。でもずっと下道はさすがに疲れる。
その点、鳥取北はほとんど自動車専用道路の一本道。未開通部分が開通(来春?)すればあと10分は短縮できると思う。お気に入りのGLOBAL WORKもある。イオンモールだけじゃなくて、まわりにいろんなお店が集中してるのもポイント高い。ただし、当たり前だけど一番遠い(ガソリン代はかかる)。

そんなわけで、新たな選択肢が増えて喜んでるわけだけど、途中、道の駅清流茶屋かわはらで車を降りたとき、強風でゴミ入れにしてたレジ袋が吹き飛ばされて、それを見た(りょ)は強張った表情でもう帰りたいと言い出した。まぁ確かに冬型気圧配置のときに行く場所じゃないかも知れないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です