日別アーカイブ: 2012年12月5日

長ズボン

長ズボン、というかまぁハッキリ言えば「ジャージのズボン」です。うちの小学校では、寒くなったら制服のズボンの上にこれを履いてもよい、ということになっています。
で、12月頃からぼちぼちかな?とか思ってたら、もう11月上旬頃から早くもみな履きだして、ここ数日に至っては一年生で履いてないのは、りんくんと(りょ)の二人だけという状態だったらしい(女の子を除く)。(りょ)もずっと前から足が寒いと言って履きたがりましたが、父ちゃんも母ちゃんも反対してこれまで履かせませんでした。なぜって? だって格好悪いもん。ジャージのズボンに制服って。それに、子供は半ズボンで十分、というか、半ズボンでいるべき、という古い考えの人間なんです、父ちゃんも母ちゃんも。でも、折れました。ここいらの朝晩の寒さはぼくの育ってきた瀬戸内の温暖な気候とはやはりひと味もふた味も違います。さらに駄目押しだったのが、2週間前から足の指がしもやけで、未だに治ってないという事実です。両足の親指以外の4本が、赤く腫れていて、病院で処方してもらった薬を毎日塗っているのに全く良くなる気配が見えないのです。ひざ下が出てることとしもやけは無関係かもしれないけど、それでも何とかしてやらないとさすがに可哀相かな、と思えてきたわけです。まぁ仕方ない。仕方ない。でも、、やっぱり格好悪い、と思いません?