Boot Camp

Boot Camp ってぇのはこの場合、アメリカ式新兵訓練のことじゃありません。
最近のMac OSに搭載されている、MacにWindowsをインストールし利用する機能のことです。この機能のおかげで、ぼくは今回、WindowsからMacへ移行する決心がつきました。
長年Windowsを使い続けてきた身としては、これから先も「やっぱりここはWindowsじゃなきゃどうにもならない」という状況がきっとまだある、と思うのです。これまでに購入したソフトウェア資産も多々あることですしね。いろんな意味で、きっとWindowsとはまだ縁を切れないはず。そんな不安要素を打ち消してくれたのが、このBoot Campというわけです。
実は、iMacを購入する随分前に、Windows7 Home Premiumアップグレード版も購入していました。いずれMacを購入したときには使ってやろう、との思いで、Windows7の発売1周年記念で少しお安くなったときに、迷わず予約購入しておいたのです。このアップグレード版をインストールするためのモトのOSは、故障したメインパソコンで使っていたWinodwsXPです。
で、いざインストールを始めようという段になって、いくつか障害がたちはだかっていることに気が付きました。作業に先立って印刷した「Boot Camp インストールと設定ガイド」には次のような記載がありました。

重要:1 枚のディスクで構成される、フルインストール型の Windows インストールディスクを使用す る必要があります。アップグレード版の Windows は使用できません。Windows XP をインストール する場合は、Service Pack 2 以降を使用する必要があります。前のバージョンの Windows XP をイ ンストールしてから、後でアップグレードを試みることはできません。

なにこれ!?、思いっきり引っ掛かってんじゃん。
買ったWindows7はアップグレード版だし、持ってるXPはService Pack 1だし。

でも、、ネットってやっぱりすごいですね。調べるといろんな情報が出てきます。ぼくの持ってるWindowsXP SP1のインストールディスクから、SP2でも3でも、適用済みのOSインストール用ブータブルディスクが作成できるんですって。へぇ〜すごい。あ、スミマセン。長年SEやってましたが、全然知りませんでした。
途中、ちょっと苦労しましたが、なんとかインストールできました。WindowsXP SP1のインストールディスクから、WinodwsXP SP3のインストールディスクを作成して、Boot Campを使ってiMacにインストール、その後、Windows7 アップグレード版のインストール。

そんなこんなで夕方までかかり、夕飯の支度が間に合わなかったので、今夜は道の駅で夕食でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です